12/29/2017

2017年の終わりに

今年の営業は本日をもって終了します。本当に本当にあっという間の一年でした。お店を初めてから25年目に突入し、気づけばずいぶんと長い年月を経てきたことをジワジワと実感しています。正直やり残したこともありますが、また新しい年を静かに迎えることが出来そうです。

明日12月30日土曜日からしばらくお休みさせていただきます。新年2018年は1月5日金曜日から営業をスタートする予定です。どちらさまも良いお年をお迎え下さい。




残念なことに今年も何人もの有名人が星になってしまいました。トム・ペティもそんなひとりですが、1980年代後半の名曲"Free Fallin"のライヴ映像をおひとつどうぞ。アクセル・ローズと共演しているこちらのライヴ。キレまくっている絶頂期のアクセルにトム・ペティが思いっきり喰われているところが見物です。当時VHSに録画したものを何度も観たことを思い出します。






Horol International

12/25/2017

Merry Christmas!!

今日は12月25日。クリスマスです。いろいろと欲しいものがあったのですが、今年もワタクシのところへサンタクロースは来てくれませんでした。今朝ワクワクしながら起きたのですが、清く美しい子供の心を無くしてしまった中年男はやっぱり相手にしてもらえないようです。。。

しかしまぁなんというか、早いもので2017年もホントに残りわずかになってきましたねぇ。毎度のことながら今年もめちゃくちゃ早かった。まさに光速です。毎日なにかと慌ただしいことを理由にすっかりこのブログも放置しまくってしまいました。修理関連など、いろいろ写真は山ほど撮りためてますし、ネタにしたい話題はたくさんあるものの、ついつい面倒になってしまってダメですねぇ。


さて、当店の2017年の営業は今週12月29日金曜日までとなります。ここ数年は毎週水曜日の定休日に加え、第2第4火曜日もお休みさせていただくようになり、明日12月26日は第4火曜日にあたるので、本来ならお休みなのですが、営業致します。大体第2第4火曜日はあちこち雑用でおつかいに出かけたり、修理関係の作業に集中したりするための日に充てています。以前よりも慢性疲労が年々酷くなってきているので、正直もう少し休みたい気分だったりしますが、とりあえず来年も同じパターンで参りますので、引き続きどうぞ宜しくお願いします。


年内の営業が終わりに近づくにつれて修理のご相談が一気に増えています。前々から修理に出そうと思っていたものの、なかなか時間が作れなかったりした方が多いようで、毎年この時期になると駆け込み的にご相談が増えるのです。ウチのような小さな店でも何かと頼りにして下さる方がいて、ご依頼はそれなりに数多くあります。どれもなかなかすぐに作業に取り掛かれないことが多い上、これから年末年始のお休みを頂戴するタイミングに入ることもあって普段よりも遅れることが予想されます。ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただくようお願い致します。

前述の通り、当店は12月30日土曜日から1月4日木曜日まで年末年始のお休みを頂戴致しますが、12月29日金曜日までは基本的に通常通りです。どうぞ宜しくお願い申し上げます。




Hall & Oatesの”Jingle Bell Rock"です。オリジナルは1957年のBobby Helmsですが、先にこっちを聴いてしまったので、カヴァーだと知ったのはだいぶ経ってからでした。。。いずれにしてもゴキゲンな一曲ですねぇ。どちらさまも素敵なクリスマスをお過ごし下さい!






Horol International

8/08/2017

Summertime

毎日暑いですねぇ。一時期ミョーに涼しい日が続いたりしましたが、もうすっかり完全な夏。台風5号のおかげでモーレツな湿気です。

さて、当店は明日8月9日水曜日からしばらくお休みをいただきます。定休日の水曜日から次の水曜日までとなり、例年より日程的には少し長めになるため、正直自分でもちょっと休み過ぎなんじゃないかという気もしますが、とにかく今年の夏はこれでいきます。








昨日と今日である程度のところまで仕上げようと思っていたクロノグラフのオーバーホールが角穴車の歯の破損が発覚したおかげでいきなり先に進まなくなったり、繰り返しランニングテストをしている最中の時計の様子も見れなくなったりしてしまうため、実に中途半端な状況のまま休みに入ることが気になり、どうにもスッキリしません。。。

超人気のラーメン屋さんのような慌ただしさではないものの、ナンダカンダでそこそこ忙しいウチの店。修理の作業だけでなく、ウェブ関連の作業、PCを使うモロモロの事務作業などが多いせいか、ここ数年視力の変化(加齢による目の衰え、老眼ともいう...)が著しく、メガネの度が短期間で合わなくなり、悲しいことに前よりも疲れやすくなっているような気がします。

そんなワケでここは気分を切り替えて家族と少しゆっくり過ごしたいと思います。8月17日木曜日から通常通り営業再開する予定です。夏休み明けにまたお会いしましょう!





夏の歌ってたくさんありますけど、こんなのいかがでしょうか。ワタクシそんなにヒップホップ好きではないのですが、この曲の元ネタKool & The Gangの”Summer Madness"が前々からお気に入りでして、なんとなく今の気分でこちらをチョイス。すっかり映画スターのウィル・スミスがフレッシュ・プリンスと名乗っていた頃の名曲です。



Horol International

5/05/2017

黄金週間2017

今年もゴールデンウィークがやってきました。毎年この季節は本当に気候が良くて暑すぎず、寒すぎずの天候に恵まれることが多いので、出かけるにはサイコーですよねぇ。

ゴールデンウィークといえば、ウチの店はわりと静かなことが多いので、ここ数年は定休日の他にもう一日だけお休みさせていただいています。そんなワケで昨日、一昨日の二日間はちょっとだけ足を延ばして家族で温泉に浸かりに行ってきました。普段の疲れを癒すつもりだったのに渋滞や人混みのおかげでむしろ疲れて帰ってくるハメになりましたが、それでもたまにはいつもの生活を離れてみるのは悪くないもんです。

二日間ほど休んで今日からまたフツーに営業しているのですが、天気もいいし、代官山の近所ではイベントなんかもやっていたりするので、どうにもこうにも仕事モードにならない。はっきり言って昼間から一杯やりたい気分です。やりかけの作業を進めるべきなのかも知れませんが、なんとなく思い立ってほったらかしのブログなんぞ書いてみようかと思い、久々にキーボードを叩いているところです。

なにか修理関連の良さげなネタはないかとPCに保存しているこれまでデジカメで撮影した画像を捜索していたところ、こんな画像を見つけました。激しくひん曲がった注射器型のブルースチール針は夜光部分も剥がれ落ちていて、とてもこのまま使えるような状態ではありません。持ち主の方が腕に着けていたら、突然風防が外れて弾け飛んだ瞬間に針を引っかけてしまいこんな状態になってしまったらしく、当店に相談されたのでした。

うまいこと曲げなおして夜光を乗せ直して元の状態に組めば、フツーに使えるようになるはずですが、これだけ威勢よく曲がっていると多少の痕跡が残ってしまうだろうし、なにより運が悪いと折れる可能性だってゼロではありません。確かそんなリスクがあることを説明して納得してもらった上でお預かりして作業を進めたような気がします。

慎重に、かつ思い切って正常な状態を目指して曲げていくと思いのほかすんなり出来たことを思い出しますが、正直こういう作業はなかなかの緊張感です。上手くいったからいいようなものの、万一のことを考えるとゾッとしてきます。昔の時計で使われていた針は針そのものの厚みがあり、わりとしっかり強度があるところも特徴だったりしますが、それでも夜光が乗っているタイプの針は細い部分もあり、折れたりする可能性も高くなります。おまけにサビが出ていたりすると結構危ないのですが、この時の針はサビによる傷みもほとんどなかったのが良かったのだと思います。

あとは文字盤の夜光部分の色を参考にして針の夜光を入れ直して組み立てるだけなのですが、そもそもなぜ針が曲がってしまったのかを考えてみると風防が外れたことが直接的な原因だったワケです。本来は外れるようなことがあってはいけませんが、プラスチック製の風防が取り付けられている古時計の場合、サイズがビミョーに合っていないわずかに小さいものが取り付けられていたりすることもあります。

さらに樹脂系素材の特性として気温などの変化によって伸縮することも関係してきます。暖かい季節にはわずかに膨張しているおかげでビシッとしている風防が秋から冬にかけて寒い時期を迎えると今度は逆にわずかに風防自体が縮まってしまい、結果的に外れてしまったりすることもあり得るのです。気になって調べてみたろこと、このギャレットをお預かりしたのも11月だったようです。やっぱり...ですねぇ。寒くなり始めた途端、風防が外れるパターンは決して珍しくありません。前述のようにサイズが合っていなかった風防や長年経過しているせいで元々の状態よりも僅かに小さくなってしまった風防は寒さとともにゆるみが出てきて、簡単に外れてしまうようこともあるワケです。

そういう場合、大抵は指で風防をつかんだ時に風防がクルクル回転するようになるので、そういった症状が出ている場合は早めに交換した方がベターです。恐らくこのギャレットもそのような前兆があったはずで、その時点で気づいてすぐに使うのを控えていれば、このような作業をする必要もなかったかと思います。暖かい季節には問題なくても寒さとともに風防が回せるようになっていることが発覚したら、素直に新しいものと交換しましょう。

さて、そろそろ途中だった作業を再開させなければなりません。まだまだゴールデンウィークは続きますが、当店はいつも通り営業しておりますので、都内でブラブラしているなんて方は是非お立ち寄り下さい!








Horol International

2/09/2017

銭形警部

寒い。寒いですねぇ。今日は都内でも雪がチラついたそうで、そりゃ寒いワケです。それにしてもこれが2017年になって初めての投稿です。本当は1月中に何か書こうと思っていたのに気づいたら、2月になっていました。さて、今日はちょっとしたお知らせを少々。。。

明日2月10日金曜日、日本テレビで放送予定のドラマ「銭形警部」の撮影に協力させていただきました。鈴木亮平さん扮する主人公銭形警部が身に着ける腕時計を用意させてもらいました。ルパン三世が漫画アクションに連載されていた頃や初期のアニメが放送された年代なんかを考えて1960年代頃の国産時計を中心に用意しましたが、その中からセイコーを実際に着用してもらうことになりました。ワタクシ的に銭形の衣装やキャラを踏まえて考えた上でなんとなく金色がピッタリではないかと思い、今回ごくシンプルな丸型のメッキケースのものが使われています。

子供の頃から大好きな「ルパン三世」の重要な登場人物のひとりですが、あくまで主役はルパンなのにあえて敵役の銭形を主役にした実写ドラマを撮るっていう話を聞いた時、最初はなんとなくピンときませんでしたが、なかなか面白そうだなぁと思いました。銭形を演じるのが鈴木亮平だっていうんですから、やってくれそうです。

明日放送分の他、WOWOWHuluでも別のオリジナルストーリーがそれぞれ公開される予定だそうで、そんなところも興味津々です。少々急でナンですが、明日放送の「銭形警部」。是非ご覧になってみてはいかがでしょうか?








Horol International

12/27/2016

2016年の終わりに

2016年もそろそろホントに終わりです。今年の営業は本日12月27日火曜日をもって終了させていただきます。

ふと思い出して一年前のこのブログの投稿を見たのですが、今と何も状況が変わっていない上に考えていることや書こうとしていることもまったく一緒でした。なんともまぁ、進歩していないどころか、退化しているんじゃないという気分になり、自分でもガッカリです。。。

11月の後半あたりから時計の修理関連のご相談がいつもより増え出し、だんだん忙しくなってきました。順番に作業に入ってはいるものの、スムースにいかなくて多少難儀するものがあったり、テストに時間がかかったり、部品の調達に日数がかかったり...色々なパターンがありますが、年末年始のお休みをいただくタイミングに重なる関係でさらにお待たせすることになります。ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただくようお願いします。

今年一年を振り返ってみていろいろと思うことはありますが、2017年も真面目に仕事に取り組んでいきたいと思います。やり残したことや失敗等もありましたが、あまりグダグダ言うつもりはありません。とにかく、少しのんびりしてまた新たな気分で臨みたいと思います。2017年1月5日木曜日から営業開始の予定です。

どちらさまも良いお年をお迎え下さい!





前回の投稿で今年を振り返ってスターが次々に亡くなったことが悲しいだなんて書きましたが、なんとまさかのジョージ・マイケルまでもが星になってしまいました。近年はリリースもなく、特にこれといった活動はしていませんでしたが、1980年代はキレまくりで完全に神がかっていたと思います。クィーンのメンバーをバックにしてもフレディ・マーキュリーに負けない存在感で見事に歌い上げた歌唱力の高さは言うまでもなく抜群でした。ワム!時代からカヴァーが秀逸でしたが、この曲もそんな一曲だったと思います。オリジナルはボニー・レイット。奇しくも今年4月に亡くなったプリンスもこの曲をカヴァーしています。もうひと花咲かせて欲しかったですねぇ。残念です。。。





Horol International

12/25/2016

Happy Holidays!!

2016年もそろそろ終わりが近づいてきました。そして、今日はクリスマス。大人にもサンタクロースがプレゼントを持ってきてくれると良いのですが、そうは問屋が卸してくれません。それにしても毎年のことですが、今年は本当に早かった。まさに光陰矢の如し。まぁなんというか、しょっちゅう言っていますね。。。

今年はなんというかただ月日が過ぎ去るのが早いというだけでなく、1月にデヴィッド・ボウイをはじめ、昔からお気に入りだったミュージシャンが相次いで亡くなっただことがとてもショックな一年でした。このブログでも話題にしたデヴィッド・ボウイはもちろんですが、特に4月にプリンスが亡くなったのも悲しかった。これまでずっと切れ目なく追いかけてきましたし、亡くなる直前まで精力的に活動していたくらいなので、そろそろまた来日してライヴをやって欲しいなぁなんて思っていたところだっただけにホント残念でした。正直最初は意外とそうでもなかったのですが、ナンダカンダで後からジワジワ悲しくなってきました。


そんなワケで今年はなにかと馴染み深い著名人の逝去が印象に残った一年になりました。そういえば、少し前にキューバのカストロ議長も亡くなりましたねぇ。だいぶ前に引退していたそうですが、何かと強い影響力を持っていた一方で、キューバ国民の多くから愛されていたとのこと。実際のカストロ議長の人柄など詳しいところはよく分かりませんが、アメリカとの対立関係にあった頃の古い写真を見ると実に力強さが漂っています。


まさにこれぞカリスマといった佇まいですが、ワタクシ的に一番目を引いたカストロ議長の写真がひとつめに載せた方です。なんと腕時計を2個も着けているではありませんか。両腕にひとつずつ着ける本田圭佑スタイルではなく、片方の手首に2個着けるスタイル。斬新です。しかも、どちらもロレックス。時計屋のワタクシに言わせると「傷がつくから、よしなさいよ!」って感じでしょうか。

そして、ふたつ目の写真ににはキューバ革命におけるカストロさんの同志としておなじみのチェ・ゲバラです。この方もロレックスを好んで使っていたのが数々の写真から確認出来ますが、カストロさんはまさかの2個着け。

このふたりに共通しているのは同じロレックスでもGMTマスターの黒ベゼル仕様を使っている点でして、わざわざ同じモデル着用するほど蜜月だったのだとは思いますが、どちらかが先に手に入れたのを見てもう片方が欲しくなって後から買ったとか、それこそお互いクリスマスプレゼントで贈り合ったとか、いやそもそも同じ時計を着けるようになったのは単なる偶然だったとか...なんてしょーもないことを妄想しています。

ふたりとも結構親日家だったなんて話も聞きますけど、やはりいろいろな意味で魅力的な人物だったことは間違いありませんねぇ。チェ・ゲバラの方は在りし日の写真を観ると確かにカッコいい。これほどベレー帽が似合う男性は古今東西いないかも知れません。かつてジョン・レノンが「今世界中で最もイカしている男はチェ・ゲバラだ」なんて言ったとか、言わないとか。。。ただならぬカリスマ性を持っていたことがこんなエピソードからも伝わってきます。それにしてもご本人はこれほどTシャツに自分の顔がプリントされるようになるとは思っていなかったでしょうねぇ。

さてさて、当店の年内の営業もそろそろ終わりが近づいてきています。12月に入った途端、駆け込み的に修理のご相談等も増えてきましたが、お正月休みをいただく予定もあるため、普段よりも何かと日数がかかる状況になってきています。あらかじめご了解いただくようお願いします。あらためて、どちらさまも素敵なクリスマスをお過ごし下さい。メリークリスマス!