8/09/2016

夏休み2016

今日は東京でも37.7度というとんでもない気温になり、連日モーレツな猛暑が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。最近はすっかり冷房キンキンが苦手になってしまったワタクシ。電車に乗る時は好んで弱冷房車を選ぶようになりました。
さて、明日8月10日(水曜日)から14日(日曜日)まで当店は夏休みを頂戴します。店頭では少し前からアナウンスしていますが、休業期間中は店頭の業務はもちろんお問い合わせ等にもお応え出来ません。そんなワケでやや遅れ気味の修理関連の作業もさらに遅れてしまいますが、何卒ご理解下さいますようお願いします。

毎年のことながら、今年もプールぐらいは行くとは思いますが、のんびりダラダラと過ごしてすっかり気持ちもリフレッシュして営業再開したいところです。引き続き当店をよろしくお願い致します。






8/05/2016

I got brand new wrist watch.

すっかり夏です。イマイチ暑くなくて梅雨明けも遅かったですけど、このところ急激に真夏ですねぇ。さて、とても久々のブログです。2005年にブログを開始してから、この何年かはそれほど頻繁に投稿していなかったとはいえ、今年に入ってからというもの1月以来完全に更新しなくなってしまいました。風邪をひいてしばらく学校を休んだら、治ったのに行きづらくなってしまい、そのまま登校拒否になってしまったような...そんなところでしょうか。前代未聞の長期のサボり期間になりましたが、久々に何でも良いからとにかく何か書こうという気分になり、PCに向かっています。

FacebookやInstagramでの投稿はちょこちょこやっていますので、正直こういうブログっていう形態が今や少々オールドスクール化しているところは否めませんが、ブログにはブログの役割があるような気もします。今さらジローですが、ウチの店のサイトやSNSなんかで取り上げるほどじゃない話題があった時にブログってちょうど良いのかも知れませんねぇ。そんなワケで最近珍しく入手した現行品の腕時計について少々。。。



どうですか、これ?スーパー銭湯や市民プールのロッカーのキーっぽいのですが、腕時計なんです。イエローのカバーの下にLEDのデジタルウォッチが隠れているんです。雰囲気たっぷりの古時計が何かと使いづらいこの季節にはもってこいの一本じゃないでしょうか。その名も「温泉ウォッチ」!なんとまさかのガチャガチャで入手可能です。

そんなワケで最近のワタクシはこの時計を普段着けていたりしますが、夜飲みに行ったりするとナウなヤングやパーリーピーポーたちも興味津々。結構大人気です。ワタクシが手首につけたこれを見た人が尋ねてきます。


「それ何すか?銭湯でも行ってきたんすか?」

「あ、コレ?腕時計なんだよ」

そう言ってLEDの時刻表示を見せると...

「おお〜っ!」

「ガチャガチャで買えるんだよ、温泉ウォッチ!」

「マジっすか?!チョー欲しいっ!」


...てな感じです。「アンティーク時計のお店をやっているような人がそんなふざけた時計使っててイイんですか?」なんて言われたりもします。けど、イイんですよ別に。なんならウチの店のショーケースに並べたいくらいです。なんといっても面白いし、ちょっとくらい水に濡らしたってヘッチャラです。この夏は温泉ウォッチで遊んでみてはいかがでしょうか?







1/16/2016

Goodbye Starman

デヴィッド・ボウイが星になってしまいました。新しいアルバムがリリースされたばかりなのに残念でなりません。長らく癌で闘病していたとのこと。とてもショックを受けました。

ちょうど前回ブログを更新する際に名曲「ジギー・スターダスト」が店内に流れていたのと新しく発売されたCDを買わなきゃなんて考えていたタイミングだったため何気なく話題にしたのですが、ブログを更新した直後にボウイのフェイスブックアカウントから投稿された以下のポストを見ました。


January 10 2016 - David Bowie died peacefully today surrounded by his family after a courageous 18 month battle with cancer. While many of you will share in this loss, we ask that you respect the family’s privacy during their time of grief.


わずか数分前に投稿されたその文章はすでに数多くシェアされていて、"died"という単語を見るや否や
急に動悸がしてきました。なにかの悪い冗談じゃないかと思ったくらいですが、それは本当のことでした。海外のミュージシャンがなくなったニュースを聞いても悲しい気分になることはこれまでそれほどなかったのに今回ばかりは違いました。なんという喪失感でしょう。ミュージシャンというよりはまさにアーティスト。そんな人だったと思います。

好きな曲はいろいろありますが、アルバムでいうとやっぱり高校生くらいの時に聴いて一番ハマった"Ziggy Stardust"でしょうか。発売当時はそれほど良い売り上げではなかったと聞きますが、必ずロックの歴史的名盤として挙げられる一枚で、実際捨て曲などいっさいない完璧なレコードではないでしょうか。


亡くなる二日前にリリースされた新譜のタイトルは「ブラックスター」。奇しくもロックのスーパースターが本当の星になってしまったワケです。ボウイ逝去のニュースが世界中を駆け巡ったその日は閉店後に渋谷のタワーレコードへ向かいました。手に入れた新作のCDを聴いてみると鬼気迫る実にダークな世界が描かれていましたが、これからじっくり時間をかけて聴きこんでみたいと思います。

日頃から店内で耳にすることの少なくないデヴィッド・ボウイの曲ですが、ウチの店では月曜日から途切れることなくずっと流れています。。。



David Bowie - Starman


 

亡くなったというよりは宇宙へ帰ったんじゃないかという気もします。あらゆるスタイルの音楽を生み出した変幻自在のロックスターはそもそも宇宙人だったのかも知れません。あらためて考えてみるとそんな気分にさせる曲のタイトルですねぇ。


David Bowie - Heroes



普段Youtubeでよく観ているワタクシ的お気に入り映像のひとつがこちら。クィーンのメンバーとフレディ・マーキュリーの追悼コンサートでの「ヒーローズ」です。かつてのバンドメンバーであるミック・ロンソンがギターを弾いているところもシビレます。ベタな名曲中の名曲ですが、いつ聴いても"We can be heroes just for one day"っていうフレーズがなんだかグッときます。







1/11/2016

Have A Great 2016!!

今さらですが、あけましておめでとうございます。本年も当店をご愛顧下さいますようお願い申し上げます。

この年末年始はのんびりダラダラと過ごして少し体重が増えてしまい、これぞ日本の正月といった感じで1月7日木曜日から新年の営業をスタートさせております。前回の投稿でもお伝えしたように2015年は驚きのスピードで過ぎ去っていったおかげで何も覚えていませんが、今年も引き続き当店なりの役割を果たしていきたいと思います。「無理をしない」がテーマです。

気づけば古時計を取り扱って20年を超え、我々を取り巻く環境はずいぶん変わってきました。良品を探すことがますます困難になり、同時に著しい価格の高騰が進んでいて以前はたいして注目されていなかったようなジャンルの時計すら結構な価格で取り引きされるようになっています。正直とても戸惑っていますが、これまで通り当店なりのスタイルで雰囲気の良い古時計を紹介してきたいと思います。

ところで、今日は成人の日ですが、またもや新成人がやらかしているようで、もはやこれもまたある種の風物詩ではないでしょうか。若者でもおっさんでも時には羽目を外したって良いと思いますが、やっぱり周りに迷惑をかけちゃマズイと思います。そんな当たり前のことをふと考える成人の日も静かに営業中です。。。


MOTT THE HOOPLE - All The Young Dudes



去年はCDを買おう買おうと思いつつ、まだ聴いていないアルバムがいくつもあったことを思い出しました。そういや最近デヴィッド・ボウイが自身の誕生日に新しいアルバムをリリースしましたねぇ。まだ入手していませんが、早いとこ聴かなきゃと思う今日この頃です。そんなボウイつながりでこんな一曲をどうぞ。







12/28/2015

2015年の終わりに

早いもので2015年も残りわずかになりました。毎年のように言ってますが、今年はなんせ早かった。本当にあっという間でした。

このところブログの更新をする気分になれず、気づいたらこの時期を迎えていました。おまけにこのブログだけでなく、店のサイトの更新も滞り気味の一年でした。常々感じていることなのですが、ひとりじゃ手に負えない仕事量でますます限界を感じているところでして、決して毎日遊んで暮らしているワケでもないのに今年はもう残りあと4日です。

なんとなくいつも修理関連の作業に明け暮れていたような気もしますし、そうでもないような気もします。持ち込み修理を優先させるあまり、いつまで経っても店頭に並べる商品のメンテナンスの作業に入れない状況を少しでも変えなければと思いつつも結局仕入れたきり金庫に入ったままの時計がただ増えていくというミョーな状態が相変わらず続いていたりして・・・まぁとにかく、ついこの間2015年になったばかりのはずなのにもう終わろうとしているワケです。

振り返ってみると今年起こったことで印象に残っていることが少なく、パッと思い浮かぶのはどちらかというと残念な出来事ばかり。それでもナンダカンダで有意義に過ごせました。去年もそうでしたが、今年も悲しい別れがあったけど、新たな出会いもあったし、なによりまた静かに新しい年を迎えることが出来そうなワケで、それだけでも本当に幸せだと思います。

特に話題にしませんでしたが、実は今年の10月で当店は22周年を迎えました。これといってアニバーサリーイベント的なことは何もせずにシレッと23年目に突入しただけで淡々と過ぎていきましたが、それでもこうやって無事に一年を終えることが出来るのは当店をご利用下さる皆さまのお陰なのだということを今シミジミ感じています。

この先25周年を迎えることが出来たら、その時こそ何か少しは特別なことをしてみたいなぁなんてことをふわっと考えたりもしますが、まずはその時までどうにかこの店を守らないとなりません。長年やっているわりにいつまで経っても要領が悪く、ご迷惑をおかけすることも多々ありますが、懲りずにご支援下さいますようお願い致します。

さて、当店の2015年の営業は明日12月29日(火曜日)の午後6時をもって終了させていただきます。しばらくお休み致しますが、少しリフレッシュして新年の営業をスタートさせたいと思います。当店のサイトでもアナウンスしているように2016年は1月7日(木曜日)の営業再開を予定しております。いつもより長めに休むことになり、何かとご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

では、どちらさまも良い新年をお迎え下さい!



Foo Fighters - Next Year








10/11/2015

19942015

またしても放置してしまいました。。。9月は一度も投稿していなかったようで、気づけば季節はすっかり秋。過ごしやすくなってくれるのは有り難いのですが、ここから一気に寒くなりそうで、それはそれでちょっと嫌ですねぇ。

ついこの前シルバーウィークなんてものがありましたが、この週末も月曜日が体育の日で3連休らしく、世間は完全にレジャーモード。こんな連休は大抵わりと静かに過ごすことになるのですが、なんとなく思い立ってブログを更新してみようかと思い、PCに向かっているってワケです。


あっという間に過ぎ去った9月に入ってから夏場に一時期減った修理のご相談もまた増えつつある状況で、いつも通りヒマなようでなにかと忙しい日々を送っていますが、先日この画像の腕時計をお預かりしました。ロンジンのシンプルなセンターセコンドで、ケースはイエローゴールドの非防水仕様。ウチの店ではわりと昔からよく取り扱ってきている腕時計の王道のようなスタイルです。

なんとなく見覚えのある雰囲気でしたが、それもそのハズで1994年に当店で販売したものでした。その時にお渡しした保証書まで大事に保管されており、一緒にご持参いただきました。それなりに長い間営業を続けてきてよく感じるのはこれまで相当な数の古時計を販売してきたのに定期的なメンテナンスを継続してご依頼いただく方は意外と少なくて、それらの時計は今頃どうしているのだろうかとふと考えてしまいます。

ウチの店でなかったとしてもどこかの修理屋さんでしっかりメンテナンスを重ねて大事に扱われていれば良いのですが、実際は不調になったのをきっかけにそのまま使わなくなり、タンスのこやし状態になっているようなパターンも少なくないのではないでしょうか。なんとなくそんな気がしてなりません。

そんな中、およそ20年前に買って下さった方が当時とあまり変わらないキレイな状態のまま大切にされていて、また再びオーバーホールのご依頼でご来店下さったことに少々驚きつつも、ただただ有り難い限りです。よくよく話をうかがうとこれまで実際にはそれほど使用していなかったらしく、ご購入依頼初めての整備になるとのことでした。

元々傷がつきやすいゴールドケースのわりに小傷もなく、シェイプがしっかり残っているのがビシビシ伝わってくることから、販売当時のコンディションが抜群だったことがはっきり分かります。


かなりの年数が経過しているため、内部の状態等が少々心配でしたが、作業に入ってみるとオイルは完全に切れていて、さすがにスッカスカの状態だったものの、激しい汚れやサビ、傷などはなく、ムーヴメント自体のコンディションはまるで新品同様。ほぼ完璧でした。おかげで基本的な作業のみでスムースに仕上がったのは言うまでもありません。

こういう時計は丁寧に扱えば、これから先もまだまだ使えます。是非この状態をキープさせるイメージで大切に愛用していただきたいものですねぇ。。。


Chet Baker - Live Belgium 1964




一時期雨が続きましたが、そんな中ハマってよく聴いていたのがチェット・ベイカー。トランペットだけでなく、独特の甘い歌声もたまりませんねぇ。ギンギンのハードロックが店内に流れたりすることもよくある当店ですが、気分でこんな音に包まれながら静かに過ごしたりする時もあります。秋の夜長にぴったりです。。。





8/10/2015

真夏の目からウロコ

またしてもブログから遠ざかってしまいました。前回更新したのが5月末だったので、2ヶ月以上もほったらかしになっていたことになります。日々優先させなければならないことがそれなりにある上、正直このブログを更新する意欲が完全になくなっていました。書くべきネタがないわけではないのですが、どうにもこうにも気が向かなくて気づいたらこのありさまです。。。


そんなワケで、サボっていたくせに話題にしてみようかと思っていたことについて少々。。。時計の修理などの作業をする際には大抵机の上に敷いた専用のマットの上で行うのですが、そのマットの表面がだいぶ汚れて傷も目立つようになってきたので、ちょっと前に新しいものを新調してみたんです。

材料屋さんへ行った時に探していた部品などと一緒に買ってきたのがこちら。今まで使っていたものはかれこれ10年近くは使っていたのではないでしょうか。とにかくまぁ、やたらと汚らしくなってしまったのがなんとなく嫌で、ちょっと気分をスカッと変えたくなったんです。

以前から使っていたマットも淡いグリーンだったので、一見同じような雰囲気なのですが、実際は色が少し濃くなって質感もだいぶ変わりました。時計修理関連の工具類の世界ではおなじみ世界のベルジョン製で、価格は五千円ほどでした。正直「なんでこんなものがこんな値段するんだ?」ってな感じでちょっと高いなぁと思ったのですが、気分を変えたいって気持ちの方が強かったので、迷わず購入しました。


早速これまでのマットから新しいものに替えて作業を始めてみるとこれがまさに「目からウロコ」でした。色が変わっただけではなく、素材そのものが完全に別物になっていて、表面は柔らかくしっとりしている感じで、マットに小さなネジなどを落としてみると部品がほとんど跳ねないことに驚きました。今まで使っていたマットだとちょっと高いところから小さな部品を落としただけでも多少は跳ね上がっていたのですが、それが全然ないんです。

ピンセットの先をまめに整えて、慎重に作業していたとしても時には掴んだ部品を落としたり、飛ばしたりすることもあるワケで、そんな時には机の上のマットが重要な役割を果たします。いやぁ、ホント買って良かった。なんでも知らない間に改良を重ねてアップデートされているもんなんだなぁ...とミョーに感心した今日この頃です。

さて、当店のウェブサイト上ではすでにアナウンスしていますが、明日8月11日(火曜日)から16日(日曜日)までお休みさせていただきます。期間中は店舗でのすべての業務はもちろん、お電話やEメールでのお問い合わせにもお応え出来ません。メールで頂戴したお問い合わせ等については通常営業を再開する8月17日(月曜日)以降順にご返事差し上げます。何かとご迷惑をおかけしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

Brian Wilson - Love And Mercy




ところで、最後にこんな曲はいかがでしょうか。夏だからってワケではありませんが、ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンのファースト・ソロアルバムの中の名曲がこちら。この曲を聴くといつも言葉では説明出来ない、楽しいような悲しいような...胸が締め付けられるような独特な気分にさせられます。心地よい潮風のような美しい旋律とハーモニーが素晴らしいとしか言いようがありません。この世に存在する最も美しいメロディのひとつかも知れません。そんな風に思っています。



公開中のこの映画も是非観てみたいですねぇ。ワタクシのお気に入り俳優のひとりジョン・キューザックが出演しているからってこともありますが、なにより波乱万丈の人生を歩んできた天才ブライアン・ウィルソンの実話が基になっているところに興味津々です。最近あまり映画を観ていなかったのですが、近々時間を作って行ってこようかと思っています。

さて、前述の通り明日からしばらくお休みさせていただきます。修理の作業が少し遅れ気味だったりするので、何日も休むのは本意ではありませんが、少しダラダラしようかと思います。17日の月曜日から営業再開しますので、どうぞよろしくお願いします!